<-- 2021/03/07 マップ方式変更 2021/03/07 マップ方式変更 -->

医療法人健口会 一宮苅安賀歯科こども歯科


診療科目 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科
郵便番号 491-0933
住所 愛知県一宮市苅安賀1丁目18-11
電話番号 0586-85-7973
最寄駅 名古屋鉄道尾西線 観音寺駅 徒歩 5分
駐車場 あり(5台)
ホームページ https://www.kariyasuka-shika.jp



診療
時間
午前 9:00~
12:00
9:00~
12:00
9:00~
12:00
× 9:00~
12:00
8:30~
12:00
× ×
午後 14:00~
19:00
14:00~
19:00
13:30~
18:30
× 13:30~
18:30
13:30~
17:00
× ×
備考

特記事項


クリニックの詳細情報

代表者からのメッセージ

服部 修明 院長
スタッフの方が作り上
医師名:服部 修明 院長
愛知県一宮市生まれ 2児の父で育児中
趣味:料理

<経歴>
平成17年:愛知学院大学歯学部 卒業
     歯科医師免許取得
     愛知学院大学歯学部歯周学講座入局
平成20年 Harvard-MIT Division of Health Sciences and Technology 留学
      (ハーバード大学 兼 マサチューセッツ工科大学 所属)
平成21年 愛知学院大学大学院 歯周病学専攻 卒業
 歯学博士取得
平成21年 愛知学院大学歯学部歯周病学講座 非常勤助教
平成21年 名古屋市中区 澤歯科 勤務
平成26年 苅安賀歯科クリニックを開院し院長就任


<座右の銘>
真剣だと 知恵が出る
中途半端だと愚痴が出る
いい加減だと言い訳ばかり

<資格>
歯学博士
東京都渋谷区 国際デンタルアカデミー デンティストコース終了
筒井塾

J Dent Res. 2008 Dec;87(12):1117-21.
Proc Natl Acad Sci U S A. 2009 Oct 6;106(40):16978-83. doi: 10.1073/pnas.0905550106. Epub 2009 Sep 23.



病院・医院の詳細(病院・医院からのメッセージ)
【診療内容(歯科 小児歯科 歯科口腔外科 矯正歯科)】
虫歯治療、予防歯科、 親知らず、入れ歯(義歯)、歯周病治療、かみあわせ、口内炎(レーザー治療)
各種健康保険 取扱
ホワイトニング スポーツマウスガード 
(検診 治療やレントゲンは次回になります)

妊産婦健診、節目歯周病検診 一宮市
事業所歯科検診

セファロ撮影依頼お受けいたします。未開封の新品のSDカードご持参ください。4,320円


【行動指針】
・スタッフ1人1人が、気遣いや、心配りができることによりチームのちからを発揮します
・いつも感謝の気持ちを持ち、「ありがとう」と口に出してその場で伝えます
・患者様の立場に立ち、アイコンタクト、あいづちを心掛け、思いを聞き、会話を広げていきます
・チーム目標・個人目標を常に心掛け、新しいものを作りあげるために目標に向けて、努力します
・相手の意見を素直に受け止め、誠意を持って正直に、常に一生懸命行動します

【いつも感謝】
いてくれて ありがとう
名前をよんでくれて ありがとう
役割を与えてくれて ありがとう

【MISSION】
しあわせ と 利益 を両立する
お口が健康で 健康長寿な方を増やす!!

<いいクリニックとは>
経営者 スタッフ 顧客が幸せを感じられ
継続的に利益を生み出すことができる

いいクリニックの共通点 それは

経営者の心が安定していること
組織に一体感があること
スタッフとクリニックが成長する仕組みがあること

私たちもいいクリニックを目指すとともに
お口から健康長寿を目指す方のベストパートナーになれるように頑張ります


【VISION】
お口の健康から 健康長寿 寝たきり の高齢者をなくすこと


<予防歯科医院の好循環>
専属歯科衛生士と良好な信頼関係の構築
SPTや予防で通院される患者さんの増加

その中でも健康の価値を理解されていて、モチベーションの高いセルフケアが上手になった患者さんの増加
他の治療の効率化でスピードが上がり、スタッフが他の仕事勉強ができ、スタッフのレベルアップが図れる
セルフケア意識の高い患者さんが多いので、予約通りに進むことが多くなり待合室で待たなくてもすぐ入れる
セルフケアが上手であると、さらに悪化することがほとんどないので、新規患者さまの治療の受け入れ体制ができる
ケアでの通院は処置中痛みがほとんどないので、患者さんの満足度が高い傾向へ

結果 お口から健康長寿な人が増えると、生活の質QOLが高まり、将来寝たきり防止や医療費の削減につかがる
スタッフの方々がまと
やわらかい雰囲気の院内
家族で入れる大型診療
キッズコーナー

服部院長は、小学校6年制の時に転んで前歯を折り激しい痛みを歯科医の先生の治療により直してもらったという原体験から歯科医になられました。
地元に貢献したい思いと、患者さんとは一生を通じたおつきあいをすることでお口の健康を通じて人の一番の財産である全身の健康を実現できるという信念から、生まれ育った苅安賀の地で開業されました。

取材を通じて、一貫しておっしゃられたのが患者さんとの一生の関わり。
治して終わりではなく、定期検診をつづけることで人生のクオリティがあがるそうです。
それは例えば、患者さんがご高齢になられたときにお孫さんと一緒に同じものを食べれることだったりします。
そのために、定期検診+セルフケアの習慣化に取り組んでいらっしゃいます。
セルフケアとは来院者が歯ブラシやデンタルフロスなどで日々自分自身で行うケアであり、定期検診でのプロによるチェックとの相乗効果で、セルフケアが上手になり、健康への意識が向上するといった好循環が生まれるそうです。
この習慣化には院長一人の力だけでなく、スタッフの方々と力を合わせることが必要であり、クリニック全体のチーム力を上げることに取り組んでこられました。

すでにチーム力の向上が目に見える形になっているのが、写真にも掲載しておりますスタッフの方々自らが作成した「私たちが決めた行動指針」や「スタッフ紹介ボード」です。
これらを拝見して、スタッフの皆さまがただ働くという場所ではなく、患者さんとともに幸せになる場所だということが伝わってきました。

心があたたまる取材となりました。

紹介者:リサーチスタッフ